創業明治30年 吉見菓子舗



お知らせ商品ご案内唐饅についてご注文会社案内お問合せ


唐饅イメージ

 八幡浜名物唐饅は、昔、中国から伝わった菓子の一種類で、もやしを原料として作られる麦芽水飴と小麦粉で生地を作り、中に柚子あんや黒砂糖あんを入れ、一枚一枚手で包み、最後に黒胡麻をつけ、それを薄くした後、一枚ずつ丸型に入れて形を整えてから3枚の銅板に16枚ずつ並べ、菓子職人が丹精こめて焼き上げた自慢の手づくり名菓です。
 材料には特にこだわっており、中に入れる柚子あんは、新鮮な柚子の皮をミンチにした後、急速冷凍したものを取り寄せ、砂糖とイオン水飴を加え、練り上げてあります。又、黒砂糖あんは、沖縄産の特等の黒砂糖を使用しております。全国的にも大変珍しい菓子で、日持ちが長く、賞味期限も2ヶ月あります。食べ始めは少し固いですが、噛めば噛むほど口の中で味が広がり、黒胡麻の風味と相まって、なんとも言えない素朴な味わいのあるお菓子です。保存料や着色料は一切使用しておりませんので、ご安心の上お召し上がり下さい。なお、商品は柚子あん8枚入りと黒糖あん8枚入り、それに柚子あん5枚と黒糖あん3枚のミックス8枚入りの3種類ございます。明治30年の創業以来、100年以上にわたって、昔ながらの製法を大切に受け継ぎ、伝統の味を守り続けております。これからも菓子の道ひとすじに一生懸命、精進していく覚悟でございますので、今後とも幾久しくご愛顧いただきますよう、お願い致します。

唐饅
唐饅

商品ご案内
Copyright (C) 2005 Yoshimi-kashiho. All Rights Reserved.